有機栽培コーヒー生豆 ブラジル産 【ジャカランダ農場 ピーベリー】

原産地: ブラジル

製造元: 

▼ 下記商品リストからご希望の商品をお選びください。
内容量

選択
200g
500g
1kg
5kg

数量 :  「増やす」ボタン増やす 「減らす」ボタン減らす

価格 : (税込 円)

(会員ポイント:25 point)

買い物かごに入れる

コーヒーの果実内には、通常2粒の種子が向かい合うようにして育ちます。

そのため片面が平らになり、フラットビーンズと呼ばれます。

しかし、稀に一つの果実に1つの種だけが育つことがありピーナッツのように丸い形になります。

この丸い種子は、ピーベリーと呼ばれ、全体の5%〜10%程度しか収穫できません。

そのため、この商品は安定供給が難しく、欠品の可能性があります。あらかじめご了承ください。

丸いので均一に焙煎しやすく、焼きムラがないため味や香味の面でも優れています。

ウインドファーム焙煎担当者からのアドバイス(2017年秋)
収穫から1年以上経過し、生豆に含まれる水分はだいぶ抜けております。
蒸らしを長めにすることで、アメリカンコーヒーをお楽しみいただけます。
シティ〜フルシティ程度まで煎ると、ほんのりとした甘味とさわやかな苦みが感じられます。

(焙煎担当:小野)

コーヒー生豆の保存用に麻袋をご利用ください。
麻袋商品ページはこちら


収穫年度 2015年度産
品種 アラビカ種
ムンドノーボ、カツーラ、カツアイ
精製方法 ナチュラル
生産地の標高 1100〜1220m
産地 ブラジル ミナスジェライス州
生産者団体 ジャカランダ農場


【ブラジル・ジャカランダ農場】

カルロス・フランコさんは、「農薬の使用は生産者にとっても消費者にとっても自然環境にとってもよくない」といち早く農薬の使用をやめ、1993年から有機栽培に取り組み始めました。有機栽培コーヒーのパイオニアとして地域での有機栽培の普及にも取り組み、現在では多くの有機生産者が育っています。 2003年にカルロスさんが亡くなったあとも、その想いは子どもや孫たち、農園スタッフに引き継がれています。
詳しくは 弊社HPを御覧ください。
お客さまの感想
  氏名 : 評点 :
内容 :
入力された顧客評価がありません
私たちの想い 有機栽培 森林農法(=アグロ・フォレストリー) フェアトレード 自社焙煎